2009年02月21日

映画「チェンジリング」

今日の映画:CHANGELING

アカデミー賞ノミネート作品 チェンジリングを観にいきました。
オスカー発表前にぎりぎり◎
s_8619618.png心がぎゅっとなる一本です。
             切なくておかしくなりそうなくらい何度も。

舞台は1928年のロサンジェルス郊外。 これは実際にあったお話です。
 アンジェリーナ・ジョリー演じるクリスティーンは、シングルマザー。
    ある日、最愛の息子ウォルターが行方不明になってしまうのです。
警察から見つかったとの知らせをうけ大急ぎで迎えにいくと、

     ウォルターは、ウォルターではありませんでした。
               changeling1.jpg これが幕開けです。

自分の子供がいなくなることを想像し、一度は役を断わった。
 そう語っていたアンジェリーナ・ジョリーですが、
彼女の演じる母クリスティーンの「想い」はすばらしかったです。

  心は壊れるものだといいます。    こわれるものだと思います。
自分たちの身を守るために隠蔽とウソを続ける警察。
 これが真実のストーリーだとすると おそろしいですよね。
強くあろうとした本物のクリスティーンさんを抱きしめてあげたいくらい。
   changeling.jpg  changeling2.jpg
たくさんの対峙でつづられるのもストーリーにひきつけられるポイントです。
 容疑者役のJ.P. Humstedのリアリティーも
          あまり褒めたくないと思わせるほどこわい。
  changeling3.jpg  
  ノンフィクションなので結果はわかっているのですが、
要所要所に
監督Clint Eastwoodと、脚本家J. Michael Straczynskiの優しさが見え隠れ。
     アカデミー賞を意識したシーンもキュートでした♪

   心の強い人になりたいと思える一本 
 
受賞してもしなくてもぜひ→ ◎♪      えつ
*******************************************************
"Maybe he wants me to keep looking"
           from the movie Changeling
posted by etsu at 23:36| Comment(1) | 映画